キャビテーションとは?その回数や痛み、注意点について

kyabi

体を細くするために痩身エステを利用する人もおられるかもしれません。
痩身エステだと体を細くするために、いろんな方法を用いますが、その中にキャビテーションという方法があります。

キャビテーションとは一体どのようなものかを紹介していきたいと思います。

 

キャビテーションとは?痩せたい、部分痩せ痛い人は必見

west
キャビテーションは圧力差で液体の中に真空の気泡が発生する現象です。
痩身エステでは、超音波を脂肪細胞に当てることで脂肪を溶かしながら、細胞内の気泡がはじける力で脂肪細胞を壊すことをキャビテーションと呼んでいます。

痩身エステではキャビテーションのマシンがあり、人の耳では聞こえないほど高音が出ています。
プローブを肌に当てて、肌の奥の脂肪細胞だけを1秒間に3万回以上振るわすことで、キャビテーションを発生させます。

そして、超音波でつくった脂肪細胞まわりの圧力差によって真空の気泡が発生し、その気泡が割れる力で脂肪細胞を壊すことができます。

キャビテーションは脂肪のみに影響を与える周波数で超音波を出すため、脂肪以外の皮膚、筋肉、細胞などに影響はありません。
そのため、自力では難しい部分痩せをしやすく、気になる部分の脂肪を狙い撃ちして痩せていくことができます。

普通にダイエットなどで痩せたいときには、自分が痩せて欲しい部分を選んで痩せるには難しいと言えますが、キャビテーションならばその問題を解決することができます。

また、痩せにくい人に多いセルライトもキャビテーションで砕くことで、解消することができます。

キャビテーションを当てている時間は15分から20分ほどの短い時間ですが、他のものとも組み合わせて行うため、総合的な時間で言うと1時間ほどかかります。

キャビテーションを行なってから3、4日間は脂肪が溶けているので、脂肪が燃えやすく痩せやすい体質となっています。また、キャビテーションを行なったからといって副作用が生じることも無く、医学的に安全も保証されています。

キャビテーションを利用することで、このように痩せるためのメリットがたくさんあります。

何回でキャビテーションの効果があるのか、その回数について

キャビテーションの効果は一回だけでは得ることができません。
キャビテーションで脂肪を壊して部分的に痩せるには、何回か痩身エステに通う必要があります。

トータルで合わせると6回ほど施術を行うことで、はっきりと実感することができるようです。
そのため、1回でキャビテーションの効果を実感するのは個々によりますが、難しいかもしれません。

キャビテーションを利用する際は何回も施術を受けに行くことを覚えておくと良いです。

キャビテーションって痛みはあるの?

キャビテーションは超音波の利用のため温かさを感じますが、痛みややけどを感じることは無いと言われています。
ただ、キャビテーション施術の後に脂肪排出を促すためのリンパマッサージが含まれているので、そのマッサージで痛みを感じることはあるようです。

老廃物などを排出する目的のため、少し圧をかけられてマッサージされるので痛みを感じる人もいるかもしれません。

キャビテーション施術での注意点は?デメリットとは

キャビテーションは施術によって安全は保証されていますが、脂肪は肝臓で分解されてから体外へ排出されます。
そのため、肝臓への負担が生じるので肝臓があまり丈夫で無い人は、キャビテーションの施術を受けることはできません。

また、キャビテーションの施術は金属音のような音が響きます。この音は悪いものでは無いですが、心地よい音では無いため、音に慣れない人にとってはデメリットと感じる方も少なからずいらっしゃるようです。

キャビテーションまとめ

キャビテーションはセルライトにも効果的なため、痩せる効果を得やすいと言えます。痛みなども無いので、ぜひ利用してみてください。

キャビテーションを取り入れた痩身エステはこちらから:痩身エステ大阪おすすめランキング | 大阪で効果ある人気エステサロン

サブコンテンツ

このページの先頭へ