痩身エステで使われるマッサージマシンの種類と効能

soushin2

痩身エステというと、エステティシャンの手によるマッサージのイメージが強いですが、最近では最新機能のマシンが多く使われるようになっています。

ここでよく使用させる痩身機器(マシン)一覧をご紹介します。

 

マッサージマシンの種類と効能一覧

チェック 吸引系マシン

痩身エステで最も使われるマシンが「吸引系」のマシンです。マッサージをしたい部位にマシンを当て、直接吸引して固まった脂肪をもみほぐします。

掃除機のように力強くつまんでもみほぐすため、慣れない内は痛みを感じます。

吸引系マシンはセルライトの除去にも有効です。また、血行の促進や、老廃物の排出などの働きがあるため、ダイエットにも役立ちます。

吸引系マシンにはPRセルトロフィックスルミセルタッチなどがありますが、代表的なマシンはフランスで開発された、エンダモロジーです。

体を刺激することでリンパ液や血液の流れが良くなり、ほぐれた脂肪を全身の血管細胞や筋肉細胞に運んでエネルギーに換えたり、余分な脂肪を体外に排出したりします。

なお、あまりにも吸引が強いため、専用のボディスーツ(エンダモスーツ)を着用します。

チェック 高周波マシン

体内に高周波を流して熱を発生させることで、脂肪を燃焼させます。同じような機能を持つマシンにラジオ波マシンがありますが、熱を強く発生させる分、高周波の方が効果が高くなっています。

また、熱によって血行が促進されることで体内の老廃物が排出され、さらに新陳代謝まで活発になります。それが結果的に、ダイエットにも繋がります。

高周波マシンを使う場合は、施術する部位の反対側に金属板を当て、ジェルなどを塗った後にマシンを当てます。

高周波マシンにはインディバセリストサーモシェイプがありますが、インディバはもともと医療用として使われており、機能面に関しては定評があります。

なお、熱による血行促進ということから、女性の冷え性対策にもなります。実際にインディバの施術を受けると、体がポカポカするようになります。

チェック 脂肪溶解系マシン

脂肪溶解系マシンは高周波ではなく、低出力のレーザーの光をセルライトや脂肪の多い部位に照射し、文字通り溶解して消失させます。

ただ、最初からレーザーを使うのではなく、初めは赤外線で体に余熱を与えておきます。

レーザーの光が強力のため、短期間で効果を出す時に適しており、またレーザーはピンポイントで部位に当てられることから、部分的に痩せたい時にも有効です。

脂肪溶解系マシンにはリダクションALEX-Sなどがあります。

チェック 筋トレ系マシン

体に電流を流して、強制的に筋肉運動をさせます。マシンにはEMSプロテクノウェーブコルポなどがありますが、最近テレビでも宣伝されている家庭用のシックスパッドは自宅で手軽に利用できます。
参考:EMSとは?その効果や注意点について

痩せたい部位や引締めたい部位にパッドを貼り付けて、ずれないようにベルトを巻いて固定します。電気が流れるのでピリピリし、また激しく筋肉を動かすので最初の内は筋肉痛が起きます。

筋トレ系マシンでは筋肉が鍛えられるとともに、基礎代謝が増すことで脂肪の燃焼効果が高まります。

チェック 超音波系マシン

超音波系マシンにはキャビテーションハイフがあります。超音波系マシンは超音波の力で脂肪細胞の細胞膜を壊して脂肪を除去します。
参考:キャビテーションとは?その回数や痛み、注意点について

脂肪細胞の中は液状になっていることから、超音波を脂肪細胞にあてるとその振動によって脂肪細胞内に気泡が発生します。その気泡が割れる時の圧力で側にある細胞膜が破れ、脂肪の塊が壊れます。

なお、壊れた脂肪をそのままにしているとまた固まるため、キャビテーションの施術後には必ずマッサージが行われ、脂肪細胞をリンパに流すようにしています。

この処理を行わないと脂肪が固まってしまい、効果がなくなります。

チェック マシンの選択

マシンの選択はエステティシャンに相談して決めます。
また、効果を確認し、自分に適しているかチェックすることも必要です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ