痩身エステにおけるドームサウナの効果とデメリット

ドームサウナ女性

痩身エステを受けるときにはドームサウナというものを利用するケースがあります。
これは遠赤外線を利用したものになりますが、このドームサウナを使うと全身を温める効果があるのです。

痩身エステを本格的に行う前の段階で使うことが多いのではないか?と思いますが、身体を温めることによって、痩せるための効果を生み出しやすい状況を作ることができるのです。

ドームサウナの効果として、まず大きいのはそれ自体に痩せる効果があるということです。サウナに入っているだけで身体が温まってきますが、それは結果的に運動をした状態と同じなのです。

具体的に言うと、そこに寝ているだけでいいのですが、結果的には有酸素運動をしたときと同じような状況を作ることができます。だから、ちゃんとカロリーを消費しているので、それだけ痩せやすいということになるのです。

実際にドームサウナを利用することで、1回あたりで300~600キロカロリーが消費されるので、ダイエットにおいてこれは大きいです。しかも、これが寝ているだけでいいのですから、利用者としてはメリットをかなり感じられると思います。

ドームサウナはそれ自体に痩せる効果があるのですが、その後に施術を加えることで、さらに痩せることができるのです。つまり、ドームサウナにはこれから行う施術の効果を高める効果もあるということになります。

どちらかというと、こちらの方がメインの効果になると思いますけど、ドームサウナを事前に使っておくと、身体が温まるというのが大きいです。それによって身体がほぐれやすくなるので、ハンドマッサージなどを行ったときにその効果が出やすくなります。

やはり身体が温まると、マッサージの力が浸透しやすくなるのです。ドームサウナを使わない状態でハンドマッサージをすると、相対的に身体が固い状態で行わないといけないとなります。

だから、身体がほぐれずらいので、マッサージの効果がそれだけ出づらいとなるのです。身体が温まってすでに身体がほぐれやすくなっているという状態は、痩身エステにおいてはかなり有利な状況となっています。

地味な効果かもしれませんが、こういったところは非常に大きいと言えるのです。あとは身体に溜まっているセルライトが溶けやすくなるので、その部分にも期待ができます。

 

ドームサウナのデメリットとは

でも、身体を温めるということで、デメリットがあるのではないか?と心配な人もいると思います。
実際、ドームサウナはリスクはないのか?というと、デメリットはあります。

例えば、低温火傷をするという可能性はなくはないので、そういったことは頭に入れておかないといけません。

そういったことがあるかもしれないので、常にドームサウナを受けているときの身体の状態というのをチェックしておかないといけないということになります。

ドームサウナを受けている最中、身体に異常が起きていないか?という部分に神経を集中させていきましょう。

また、火傷にはなっていないとしても、人によっては熱いと感じることがありえます。
人によって温度の感じ方は違いますし、そういった部分はエステサロン側は分からないので、本人が伝えるしかないと思います。

したがって、自分にとって熱いと感じたときには痩身エステを受けるときにはドームサウナの温度を下げてもらうように言えば良いのです。

そういった対応はしてくれますから、ドームサウナを利用しているときに我慢をする必要はないので、そういったことは注意点として知っておいてほしいです。

ドームサウナを痩身エステの際に利用することがあれば、メリットの部分に関しても利用者にとって重要ではありますが、利用するときの注意点に関しても知っておいてほしいと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ